金陵の里-近くには名物のうどんソフトも!金刀比羅さんの参道にある日本酒のミュージアム【琴平】

今回やって来たのは香川県の琴平町にある「金陵の里」です。

日本酒メーカー・金陵の資料館

金陵は今から360年以上前の1658年頃から、この地で日本酒を作り続けた酒造りのブランドです。

そんな金陵は金刀比羅宮の参道に面したところに資料館があり、こんぴらさんに参拝のついでに誰でも無料で入れます。

中には巨大なお酒のモニュメント

実際にお酒を造っていたということもあり、白壁造りのりっぱな外観です。

中に入ると巨大なお酒のオブジェがお出迎え。

1.8リットルの瓶で約670本分の一升瓶から、大きな枡に注がれているダイナミックなモニュメントです。

さらに奥に進むと、蔵の中では展示資料やマネキン人形で酒造りの様子を詳しく説明。

日本酒の歴史や文化に関する説明や、金陵の由来、記念の杯も展示されています。

中庭にそびえる巨大な樹木

資料館を出ると中庭に大きな木が目に入ります。

こちらは金陵の郷の大楠と呼ばれる木で、四方に枝が広がるでっかい樹木です。

中庭はくすのき広場と名付けられた休憩スポットで、この木は御神木として金陵のシンボルツリーとなっています。

近くにはうどんソフトなるものも!?

金刀比羅宮さんに向かう参道には、うどんにそっくりなソフトクリームを食べられます。

参道沿いにあるしょうゆ豆本舗表参道店の名物「かまたまソフト」です。

香川で有名な讃岐うどんをモチーフにしたスイーツで、その名の通り見た目はうどんにそっくり!

釜玉うどんとは讃岐うどんの一種で、うどんをゆでたあとそのまま生卵と醤油を絡めて食べるうどんのことです。

こちらではソフトクリームを釜玉うどんに見えるように工夫し、さらに上からネギと醤油がかかることでリアルな釜玉うどんを再現したユニークなスイーツです。

かまたまソフトの味は?

ソフトクリームの甘味をベースに生姜がアクセントになっていて、さらに醤油のしょっぱさ、ネギの食感も楽しめます。

見た目のインパクトが強いですが、しょうゆとソフトの以外な組み合わせがユニークなご当地ソフト。

見た目に惑わされず、こんぴら参りのあとにオススメなうどん系スイーツです。

まとめ

香川の金毘羅宮は全国から多くの方々が参拝に訪れる人気スポットです。

そんなこんぴらさんの参道にある「金陵の里」は、参拝ついでに休憩ができる便利な場所。

近くにあるユニークなうどん風ソフトも有名です。

こんぴら参りに来られたらぜひどうぞ。

名称: 金陵の里 きんりょうのさと
住所: 香川県仲多度郡琴平町 623
電話: 0877-73-4133
時間: 9:00-16:00
駐車場: 付近の有料駐車場を利用
金陵の里のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

  1. 今回やって来たのは岡山県にある「吉備津彦神社」です。 桃太郎伝説が残る神社この「吉備津彦神社」は岡…
  2. 今回やって来たのは山口県の萩にある「道の駅 萩往還」です。 道の駅はドライブ時の休憩場所として地…
  3. 海がひろがる絶景スポットの「福徳稲荷神社」境内にはとってもフォトジェニックな開運の千本鳥居が続いてい…
  4. 日本の観光名所の中でも人気の「厳島神社」海の中にある巨大な鳥居は見る人を魅了しています。…
  5. 今回は、広島県広島市にある金持(かねもち)稲荷大社を紹介します。 少し変わった場所にある「金持稲荷…
  6. 今回やって来たのは香川県の琴平町にある「へんこつ屋」です。 こんぴら参りの休憩スポット場所は「一生…
  7. 今回ご紹介するのは、高知の香南市にある「創造広場アクトランド」です。 こちらは高知空港から…
  8. 昔の京風の風情が残るまち「京店商店街」ハートストーンを見つけたり、カラコロ工房のハートポストなど、見…
  9. 今回やって来たのは下関の唐戸エリアです。 この周辺には見晴らしのいい「海峡ゆめタワー」や、対岸の…
  10. 鳥取といえば必ず名前が出てくる「鳥取砂丘」年月をかけてできた砂の芸術は異次元の光景が広がる絶景スポッ…

カテゴリー

子供とお出かけ

ページ上部へ戻る