三朝温泉-あのテルマエロマエにも登場!まる見えの露天風呂で有名な温泉スポット【鳥取】

今回やって来たのは鳥取県の三朝町にある三朝(みささ)温泉です。

こちらはあの温泉をテーマにした人気マンガのテルマエロマエにも登場した由緒ある温泉。

今回はそんな三朝温泉をご紹介します。

鳥取の山奥にある温泉

場所は鳥取県の東伯郡三朝町にある温泉街で、JR倉吉駅からバスで約20分のところにあります。

三朝温泉の歴史は古く、およそ850年以上も前の鎌倉時代にできました。

そのいわれは、むかしお侍さんが狼を見つけて弓で捕獲しようとしますが、年老いた白い狼を見て思いとどまりました。

その夜、助けた白い狼が夢に出てきて、お礼に温泉の場所を教えてもらったのがはじまりとされています。

以来、こちらは救いのお湯として村人たちの病を治してきた温泉で、三晩泊って三回朝を迎えると元気になれることから三朝温泉と名付けられました。

外から丸見えなお風呂

街中には三徳川が流れ、川にかかる三朝橋のほとりは河原風呂があります。

こちらはその名の通り、河原にある露天風呂です。

なお、露天風呂は源泉かけ流しが無料で入れますが、難点は周囲から丸見えなところ。

川が流れるそばには遊歩道があり、見おろす位置にある橋からは歩行者や車が通るなど、入浴するには少し難易度が高いです、、、

なお、この河原風呂は映画にもなった人気漫画、テルマエ・ロマエにも登場するほど!三朝温泉のシンボルとなっている場所です。

街中には見どころがいっぱい

そんな三朝温泉は見どころがいっぱいあります。

「三朝小唄」のオブジェ

三朝橋には「三朝小唄」のオブジェがあります。

こちらは昭和4年に制作された映画で、主人公の男女2人が寄り添うブロンズ像です。

かつて大ヒットした映画のロケ地にちなんでできたモニュメントです。

キュリー夫人像

三朝温泉は自然や歴史とのつながりも多く、国際交流記念広場ではフランスとの交流をもとに、ラジウム発見者のキュリー夫人像があります。

足湯・飲泉

温泉街では日帰り入浴もでき、町中には公衆浴場、足湯・飲泉などもあります。

恋愛成就のパワースポット

かじか橋には中央に陶製のカジカガエルがいます。

カジカガエルとは水がきれいな所にしか生息できない貴重なカエルで、橋の像は恋愛成就や夫婦円満のご利益がある縁結びスポットになっています。

街中にあるカエルのオブジェ

また、カジカガエルは三朝温泉のマスコット的な存在で、街中を歩くとカエルのギャラリーも見ることができます。

まとめ

使ってよし、飲んでよし、吸ってよしと評判の三朝温泉。

街中にはドキドキの露天風呂や3ヶ所の足湯、歴史モニュメントや縁結びのパワースポットなども多く、みんなが楽しめる温泉街です。

鳥取にお越しの際はぜひどうぞ。

名称: 三朝温泉 みささおんせん
住所: 鳥取県東伯郡三朝町三朝973-1
電話: 0858-43-0431
駐車場: 無料駐車場あり
三朝温泉のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

  1. 自然豊かな四国。 中でも特に神秘的で、自然のパワーを感じることのできるのが高知県安芸市にある「伊尾…
  2. 今回ご紹介するのは、山口県下関市にある「川棚の大クス」です。 下関の郊外にある巨大なクス場所は…
  3. 鳥取の名産と言えば、ズバリ梨(なし)。 今回ご紹介するのは、鳥取県倉吉市にある梨がテーマの「鳥取…
  4. 今回ご紹介するのは山口県長門市にある「千畳敷」です。 海と空の巨大パノラマが楽しめる千畳敷…
  5. 今回ご紹介するのは岡山県倉敷市にある西洋乞食(せいようこじき)です。 地元では有名な喫茶店の1…
  6. 今回やって来たのは広島県の尾道市にある未来心の丘です。 こちらは大理石でできた一面真っ白な幻想的…
  7. 今回やって来たのは高知にある「地球33番地」です。 こちらは高知の街中にありながら知らない方も多…
  8. 今回やって来たのは鳥取の湯梨浜町にある「燕趙園」です。 日本最大規模の中国庭園場所は東郷温泉や…
  9. 今回やって来たのは山口県の萩にある「道の駅 萩往還」です。 道の駅はドライブ時の休憩場所として地…
  10. 高知の人なら誰でも知っている!とっても有名な「はりまや橋」かつてはがっかり観光地と言われた時期もあり…

カテゴリー

子供とお出かけ

ページ上部へ戻る