THE BEEHIVE(ザ・ビーハイブ)-鳥取に宿泊するならココ!安さ&クォリティが魅力のカプセルホテル【鳥取市】【休業中】

カプセルホテルといえば宿泊先としてよりも、終電を逃してしまったサラリーマンが泊まるイメージの方が大きいのではないでしょうか?

しかしそんなイメージをくつがえすカプセルホテルとして人気なのが、鳥取県鳥取市にあるTHE BEEHIVE(ザ・ビーハイブ)です。

※THE BEEHIVE(ザ・ビーハイブ)は令和5年4月10日より休館中となっています。

今回はそんなカプセルホテルのTHE BEEHIVE(ザ・ビーハイブ)についてご紹介します。

鳥取駅に徒歩圏内にあるホテル

場所はJR鳥取駅から歩いて約5~6分という場所にあり、駐車場はホテルの一階に10台くらい無料で停めれます。

シックな見た目のおしゃれなホテルで、館内には喫茶店やレストランも併設。

7階まである建物のうち3~6階が宿泊フロアとなっています。

こちらの魅力は、女性専用のセキュリティーエリアがあること。

近年、女性客も多く宿泊するようになった要因の一つは、こういったセキュリティーがしっかりとしていることにもあるようです。

一階の受付けでチェックインをしてから宿泊する階に向かうと、ホテルの内部は階ごとや同じ階でも男女別に区切られていて、入室するにはそのつど入館カードが必要です。

また、ロッカーと貴重品箱にはそれぞれ鍵がついています。

どんなお部屋があるの?

THE BEEHIVE(ザ・ビーハイブ)は宿泊費がリーズナブルで、連泊をする方や低コストで宿泊する方にはもってこいのカプセルホテルです。

お部屋はスタンダードとテレビが設置された部屋の2種類があり、どちらも落ち着いた雰囲気でゆっくり休むには十分な広さがあります。

なお、テレビ付きの部屋で3000円はとってもリーズナブル。

宿泊するための個室には、それぞれUSBとコンセントがありスマホなどを充電するのに便利です。

清潔感のある館内

ホテルでは、宿泊する部屋が約20~30人ずつでひとつのフロアになっています。

さらにシャワーやトイレ、ロッカーも各フロアごとに設置されているので、シャワーの待ち時間も少なくてとっても便利です。

スタイリッシュでおしゃれな感じのシャワールームは清潔感があり、気持ちよく利用が可能。

シャンプーやリンス、ボディーソープはもちろん、クレンジングやクリームなどの基礎化粧品も完備されているのは嬉しいですね。

注意点

コンパクトなロッカールーム

ロッカールームは幅がせまく、スーツケースを入れるのは難しいです。

そのため、大きなケースはフロントで預かってもらいましょう。

食事ができるミニスペース

食事休憩ができる小さなスペースはありますが、席数が少なく外からお弁当を買ってきて食べようとしても場所がすぐ埋まる可能性があります。

そのため、館内のレストランや喫茶店を利用したり、せっかくなら駅近くの飲食店で鳥取名物を楽しむのも一つの方法です。

ガウン等も有料

館内で着用するガウンも有料ですが、レンタルが可能なので少ない荷物でも十分宿泊できます。

施設がかなり充実

大浴場(有料)

各フロアにはシャワールームが設置されていますがホテル内にはさらに温泉があり、追加料金の500円で天然かけ流しの鳥取温泉が楽しめます。

一日の疲れを癒したい方にはオススメ!

館内にこういった大浴場がついているのも嬉しいです。

くつろぎラウンジ

2階にはくつろぎラウンジがあり、マンガや雑誌のほか大型テレビも完備。

マッサージチェアーなどもあり、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

隣にはビジネスラウンジもあり、コンセントのついたテーブルがたくさんあるので仕事や充電をすることも可能です。

喫茶店・レストラン

ホテルで食事を済ませたい方にはありがたい、喫茶店とレストランが併設されています。

喫茶店は1階にある「すなば珈琲」

鳥取ではスタバよりも歴史が長く、市内に何店舗もある人気の喫茶店です。

美味しいコーヒーとセットメニューもあるので、ついつい立ち寄りたくなる素敵なお店です。

もう一つは「レストラン希星」

創作料理が中心で、定食やランチメニューもあります。

和食が食べたい方はぜひどうぞ。

最上階には100名収容できるホールもあるので、会議などにも使えそうです。

まとめ

鳥取に旅行するときはチェックしたいTHE BEEHIVE(ザ・ビーハイブ)

1人で鳥取を出張したり、旅行するにはとっても便利なカプセルホテルです。

鳥取駅周辺という便利な立地で清潔感があり、セキュリティーも万全。

リーズナブルな料金にもかかわらず施設内も充実しているので、鳥取駅周辺でホテルを探している方は是非、利用してみてください。

名称: THE BEEHIVE ザ・ビーハイブ
※THE BEEHIVE(ザ・ビーハイブ)は令和5年4月10日より休館中となっています。
住所: 鳥取県鳥取市永楽温泉町556
電話:0857-26-3311
駐車場: 無料駐車場あり
ザ・ビーハイブのページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

  1. 玉湯川沿いに旅館やお店がならぶ「玉造温泉」日本の神話や、勾玉にちなんだオブジェなど見どころがいっぱい…
  2. 今回ご紹介するのは、高知県にある高知城(こうちじょう)です。 高知城はJR高知駅から徒歩で…
  3. 今回やって来たのは香川県の琴平町にある「へんこつ屋」です。 こんぴら参りの休憩スポット …
  4. 石段を登った先にあるご利益を目指して多くの方々が訪れる「金刀比羅宮」長い階段の途中には見どころがいっ…
  5. 下関のシンボルタワーである海峡ゆめタワーです。 海響館や唐戸市場などがある唐戸エリアからは…
  6. 太平洋の絶景がひろがる、徳島県南部にある道の駅。革新的な交通として人気のDMV(デュアル・モード・ヴ…
  7. 今回は、広島県広島市にある金持(かねもち)稲荷大社を紹介します。 少し変わった場所にある「金持…
  8. 数多くの有名な童謡をつくった「弘田龍太郎」の出身地・高知県安芸市。街なかにはいろんなところに歌碑が設…
  9. 今回やって来たのは高知にある「地球33番地」です。 こちらは高知の街中にありながら知らない…
  10. 軍人として活躍し、小説「坂の上の雲」の主人公として描かれたことでも有名な秋山兄弟。そんな兄弟が生まれ…

カテゴリー

子供とお出かけ

ページ上部へ戻る